CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

go2

屏風と商売は曲げねば立たぬ。
<< スコープグラス、飛行船、2008年と西新宿 | main | ミシュラン東京版は早晩撤退するだろうなー >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    読書の進捗率 
    0
      9連休でハードカバー6冊は読みたい、と机に積み上げてみてはいますが、
      現在のところ3冊。

      進捗率は著しく低いですが、立て続けにビジネス書なんてダメですね。
      徐々に読解スピードも遅滞化しますし、理解力も乏しくなりますね。

      やっぱり、複数ジャンルを織り交ぜつつ読んだ方がいいのかも知れないな、と。
      思います。

      あと、自宅で読み続けるには、雑音が多すぎますね。この時期は。

      ビジネス書ではないですが、ルイ・ヴィトングループのCEOへのインタビューを
      まとめた一冊が知識のストックを広げられました。

      ブランド帝国LVMHを創った男 ベルナール・アルノー、語る

      ヴィトンやブランドモノへの興味がうんぬんではなく、ビジネスモデルとしてワールドワイドに展開する巨大企業のCEOってどんな人なんだろう、
      ちゃんと睡眠とかご飯とか食べてるのかな、と。

      もちろん私生活にフォーカスが当てられてるわけではないですが、どのようにして帝国を築き、それを維持運営していっているのかを垣間見ることができます。

      さて、宋文洲さんの年始早々の警鐘的エントリーですが、
      「確かにそうなんだよね、そうなんだけどさ、どうっすかね。」という思いがにじみます。

      日本経済復活のためにすべきことは何か 宋文洲
      | - | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 01:21 | - | - | - | - |









        http://go2.jugem.jp/trackback/239