CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

go2

屏風と商売は曲げねば立たぬ。
<< デスクトップブラシ | main | 上場建設不動産企業の倒産リスト 蔓延する市況悪化 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    インデックス・ファンド 自己投資 運用効率とムートン
    0
      日経平均が下がれば、当然連動しているインデックス・ファンドも下落する。

      一般的なセオリーとしては、底値で拾って、高く売る。

      もちろん、セオリーを実行するだけのセンスも時間も持ち合わせていないので、
      うまくいくはずもないのですけどね。

      自分の限られたポートフォリオに占める割合として、このインデックス・ファンドは少なくありません。

      いわゆるアクティブ・ファンドも幾つか保有しているわけでずが、見事に惨敗。
      もう目も当てられないくらい。。

      ボラティリティが少ないとされるインデックスも、さすがに低空飛行が続いていると、さすがに不安になってきますね。

      まあ、未来は予見できないですし、確実な利殖法を謳えば、それは間違いなく罪になりますしね。

      エコノミストも、アナリストも景気の変調に対して、不安を煽る論調は続きますが、決して「経済が崩壊する。未来はない。」とは言わないわけですよね。

      もし経済や市場が崩壊してしまったら、エコノミストもアナリストも不要なわけですから。

      たまに、血中アルコール度が高くなってきた頃に夫婦で話すのが、

      「結局、自分自身に投資した方がプラスだよね、」と。

      自分自身をひとつのファンドとして捉えた場合、投資しているのは自分の体、時間、頭脳。
      ようするに、リソースが自分なわけですから、リターンとしてもたらされる給料なり、報酬は運用結果とも考えられますよね。

      運用結果を向上させるには、運用効率を上げることですよね。
      母数としては何を比較すればいいでしょうか。

      自分が生命的に、文化的に、社会的に存在するのに必要なコストを、
      対象母数として強引に導くのであれば、
      その絶対コストを上回る部分が運用効率と言えるかも知れませんね。

      英会話や習い事、読書や芸術鑑賞、ワインと食事を楽しむ時間も投資なのであれば、
      どの程度、この投資は運用効率を上げるのだろう、と。

      一般の投資信託会社は決まった期間に一定の運用結果、いわば成績を出さなくてはいけないわけですが、
      自分という存在に置き換えるなら、いつまでに成績を出せば良いのか。

      答えは人それぞれでしょうし、
      おそらく多くの人、特に自分を含めまだまだ年齢的にも平均年齢より低い層であれば、
      中長期に設定できそうかな、と。

      思ったりしています。

      なんて、現状認識に対する言い訳なのかも知れませんが。

      さて、今日は目の周りのクマが若干、酷いので伊勢丹メンズ館のDaySpaへ。

      その後、地下ワイン売り場のグランドカーブのさらに地下にあるセラーで、シャンボールミュジニーと、ムルソーをグラスでオーダー。
      ここはあまり知られていませんが、ワインバーや普通のレストランでもグラス売りはされないような銘柄がグラスで提供されています。

      銘柄もボトルが空き次第に入れ替えているようです。

      既に完売でしたが、ムートンの1995がグラス3,500円とのこと。
      グラス3,500円と聞くと、「たけぇーよ」と思いますが、

      多分、赤字です。

      調達時期もあろうと思いますが、グラス50mlでの提供でも、厳しいかな。伊勢丹。

      まあ、ここはテイスティングとワインを知ってもらうことが目的でしょうから。

      ムートンのボトルをオーダーすると思えば、3,500円で味を経験できるなら、悪くない投資経験とも。

      思います。

      どの程度の運用効率を導き出せるかは、未知数ですが。



      | - | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 01:05 | - | - | - | - |









        http://go2.jugem.jp/trackback/250