CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

go2

屏風と商売は曲げねば立たぬ。
<< 転職なり、独立相談が多いので、 | main | 池脇千鶴は、 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    そうそう、
    0
      1坪とまではいかないものの、それこそ2、3坪の極小エリアを利用した飲食店が増えてますね。
      データはないですけど、肌感覚として。

      後は路面店ではなく、地下エリアとかですかね。

      形態としては立ち飲み屋が中心。
      もしくはスツールだけのワイン中心のビストロとか。

      大箱は敬遠される傾向は当面続くかなと。

      まあ、特定エリアに多種多様な店舗が密集していた方が、エリアとしての多様性は増すから、
      継続的な集客効果は高いのだろうし。

      おのずと、小さく、極小化していくトレンドが街全体の空気感としてあるように思う。

      路面店の一部では坪単価6万円以上という話も聞いた、新宿三丁目エリアでも極小店舗が実際に増えてますしね。
      渋谷の肉屋の集まりなんかも、もとは大箱を解体してバラ売りした結果ですし。

      バラ売り、細分化、複雑化。
      でもフタをあけてみたら、所詮は酔わせて、腹を満たせるという目的は変わらず、なんですよね。

      ネット広告周りの広告手法の細分化なんてのも、複雑化した見せ方をしないと、
      企業単位の存在意義は希薄ですし、どこも基本構造は一緒ですから、
      見せ方として「ウチは〜に取り組んでます!」「〜の分野では急成長です!」といった、
      箱庭の世界をフロントにして、興味喚起しないといけない台所事情があるのだと。

      それでも広告主の求める結果や指標は代替わりしてないから、やることは一緒なんですよね。

      切り分けるパイそのものを拡大させるトレンドにはないから、
      パイの切り方を工夫して、自分の取り分が大きくなったのか、小さくなったのかが、
      一目ではわからなくしているのが、今のカオスマップなんかに具体化される業界事情なんだろうと。

      でもいいんですよ、ザックリ6等分、8等分していたものを、同じスタイルで16等分するよりも、
      パズルのピースみたいな等分方法があってもいいだろうし。
      パズルみたいな切り方の方が、どこかでよそのピースが一致していくこともあるだろうし。

      時間があったら分析してみたいけど、例えばネット広告商品の中で、この5年ないしその近傍年数で、
      ずっと売上規模と代理店の粗利率のボラティリティが少ない商品ってなんだろと。
      たぶん、結構地味目な商品なんだと思うんだけどな。

      規模もあまり大きくない。

      でも、その商品構造や売られ方、買われ方を体系化すると、
      いわゆる飲食店の人気店や、固定顧客がずーっと着いているお店にもトレースできるんだろうな、と。

      よって目下の根源的な課題も一緒で、全部は、1号機、2号機、3号機、4号機次第かと。
      ちょっとヤバそうですね。うん。
      | - | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 16:10 | - | - | - | - |









        http://go2.jugem.jp/trackback/281